読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is comin' back!!!

日々のいろはを。

焼き鳥

f:id:Towasonoaoa:20170303021801p:image

焼き鳥の串から、上二つの鶏肉を箸でスッと抜いて残りを、おすそ分け、と私にくれた。

その仕草が妙に優しく感じて愛おしくて写メにパチリ。

だけど他人が見たらただの食べかけ画像。

失礼いたしました。

 

 

今日は平和で退屈な1日でした。

明日もきっと同じように平和で退屈な1日になりますように!!

 

 

流動体について。

f:id:Towasonoaoa:20170301140627j:plain

世間で騒がれている、小沢健二19年ぶりのCD。


やっと100回くらい聴いて、

やっとリズムと歌詞が脳味噌の中に入ってくるようになってきた。

なにぶん、わたしは人の平均よりも音感もリズム感もないもので、そのあたりは普通の人よりもかなり時間を要する。

そんなわたしがこの曲について語るのは本当におこがましいのだが語らせていただくと、

この流動体については、なんだか、ラブリーあたりの曲全てに対するアンサーソングな気がする。


あの辺りの曲すべて、なんてざっくりした言い方しかできないのが歯がゆい。

刻むリズムとかもたぶんなんか色々細工してあるはずなんだけど、言葉にできるほど理解できない。


ただひとつ、

ある光は小沢健二のおじいちゃんが亡くなった時に書いた曲だけど、

流動体については子供達について書かれてる。あの曲とこの曲は生と死で対をなしてる、気がする。

ベアミネラルさらに買い足す

f:id:Towasonoaoa:20170301085818p:image

ベアミネラルのスターターキッドは、着け心地や仕上がり具合でいえばそこそこ優秀なのだけど、

唯一最大の弱点といえばカバー力の無さだと思う。

わたしは薄い頬の色むらがあるのだけれど、それが全然隠れない。

なので、スターターキッドを買って3日後に、ベアミネラルのカウンターに粉コンシーラーを買いに走った。

 

粉のコンシーラーの威力など、大して期待してなかったのだけれど、

このコンシーラーがなかなか優秀で驚いた。

ナチュラルに色むらを隠してくれる。

クマは完全に消えるわけじゃないけど、かなり目立たなくしてくれる。

そして仕上がりが乾燥しない。よれない。

濃いシミはおそらく全く隠れないけど、色むらなどの肌色調整程度の用途なら、これに勝るものはないのではないだろうか。

 

不気味と日常

帰宅し久々にナショジオを見る。

メーデーからの、衝撃の瞬間

(どちらも事故番組)

我ながら悪趣味。

しかしながら、世界まる見えテレビで育ったわたしにとって、こんなに興味深いテレビはない。

 

Iちゃんと昨日、高村光太郎智恵子抄の話と、ジムノペディの話をちらりとしたのだが、今日全く別の人との会話の中で、突然智恵子抄が出てきて、Iちゃんとわたしは顔を見合わせてびっくりした。

その10分後くらいに、何故かBGMでジムノペディがかかって、再びIちゃんとわたしは顔を見合わせた。

なんだか不気味な気分になった。

ある日曜日のこと

朝から家掃除をした。

畳んでいない洗濯物を箪笥にしまったり

メイクボックスの整理をしたり

1週間かけて乱雑になったものを

のんびりと整え直した。

 

夜、彼氏とご飯が中止になったので

おひとりさまで地下街の牛タンを食べた。

前から気になってた店だが、味の評価は中の下だった。つまり、美味しくなかった。

牛タンを食べながら、ふとネイルサロンに行こうかな?なんて思いついて、行きつけのサロンの予約状況を確認すると、これからの時間の予約は要tellとなっていた。

ふむ、つまり、空いている可能性がある、と。

すぐに電話をすると、30分後に予約が取れた。

そしてnewネイル。

f:id:Towasonoaoa:20170227151339j:image

 

前回は水色とピンクのパッチ柄で、わたしとしてはかなりポップな仕上がりだったので、

今回はスクエアオフでバーガンディで薬指だけストーン敷き詰め、という王道の女らしいネイルにした。

だがしかし、よくよくみるとバーガンディにもストーンが仕込んである。

f:id:Towasonoaoa:20170227152223j:image

 

読書など。

最近少し、本を読むようになった。

 

最近読んだ本をメモ

夜と霧

アンネの日記

聖の青春

その他

 

その他、というのは

記憶に留まらず忘れてしまった退屈な本、という意味だ。

 

これから読む本

良心を持たない人たち

平気で嘘をつく人たち

 

ちなみに良心を持たない人たちは

実は昔読んだ。

この本、読んだことあるなぁ、なんてページを眺めていたら、アマゾンのワンクリックで購入できるシステムで間違って買ってしまった。

悔しいので、同じシリーズの平気で嘘をつく人たちも買った。

これと迷ったのは

スタンフォード大学のケリーマクゴナガル著の

ストレスとなんちゃらかんちゃら、という本。

以前この人のストレスと友達になる、というtedスピーチを聞いて、感銘を受けた記憶がある。

なのでどちらの本を買うか最後まで迷ったのだが、その本のトピックスをざっとみる限り、どうも自己啓発本のような感じなので、今回は買うのをやめた。

今は誰かに叱咤激励されたい気分ではないのだ。

 

ちなみなケリーマクゴナガルがどんなスピーチをしたのか、いまいちよく思い出せない。

スキンケア

ここ一年、ボビィブラウンのインテンシブスキンというリキッドファンデーションを使っていたのだが

ここへきて激しく乾燥が気になりだしたので、スキンケアを根本から見直している。

化粧してから数時間たつと乾燥で顔中が皮膚呼吸できないみたいに苦しくなるようになったのだ。

ちなみに今まで使ってるのは

朝はラロッシュポゼの化粧水とクリーム、夜はその化粧水と生活の木ローズヒップオイル。

 

わたしがしたこと

1.化粧水のハンドプレスと徹底

2.週1のプラセンタ注射 

 

この二つを行うようになり、乾燥が少しは緩和されたけど、まだ足りなった。

そこでわたしはファンデーションを見直し、付け心地の軽いというベアミネラルファンデーションに変えてみた。

今まで使っていたインテンシブスキンも、乾燥する方のファンデーションではないので、

まず上に塗るルーススキン(ミラノコレクション)をしてみるべきか?とも思ったんだけど、なんとなく飽きてきたのもあり、全部変えてみた。

それと同時にネットで見つけた馬油洗顔というものにも挑戦してみた。

馬油はわたしは10年以上前から使ったり使わなかったらしているものなので、初心に帰る意味もあった。(化粧水前のブースターとしてや、怪我や火傷に塗る傷薬としてなどいろいろ使ってた)

 

合わせて4つのことを試してみたら

あら不思議

化粧してからの乾燥がほとんどなくなった!

ベアミネラルも馬油洗顔もはじめて2日目なのだけど、化粧前は馬油のおかげで肌がもちもち

化粧後も乾燥せず、化粧崩れも少なくなった。

 

頑張ったなーわたし。

ベアミネラルのカバー力のなさには少し焦ったけど、その上からハイライトとチークを乗せると肌の粗はほとんど隠せた。