Life is comin' back!!!

日々のいろはを。

自炊丸

最近自炊がなかなか楽しい。

かと言って手の込んだ料理を作っているわけではなく、メニューは大体、白米と味噌汁、それに卵焼きとか何かのおひたしなどの白菜、あとは焼き魚か炒めた肉。

ひたすら手抜き。


今まで自宅で作る料理といえば、なんやかんやと手のかかる料理だと思ってたのだが、

わたしは多大なる勘違いをしていたようだ。

焼き魚なんて五分で焼けるのだ。

デート複数回

最近ちょくちょく、男の人とデートをしている。


去年末に出会った人だ。

お互いに暇だから会っている、というテイでいるのだが、

わたしは今現在彼のことが結構好きだ。

彼の本心はわからない。

本当にただ暇つぶしで付き合ってくれているのかもしれない。

いつ誘っても結構フットワーク軽くついてきてくれるのだが、口説かれたりはほぼない。

わたしに全く興味がないか、草食系か、どっちか、なのだが、おそらく前者である。

いくら草食系といえども、男なんて好きな女を目の前にしたら口説くものだと思っている。


ここでわたしの中学時代からの友人の一言が。

「長期戦で落とせない男なんていない」


うん。

マツエクのセルフリペアに挑戦。その1←続きがあるかどうかはわかりません。

今月中旬、

なんとなくマツエクを付けた。

もちろん専門サロンで付けてもらった。

コースは2時間付け放題、3dマツエク、とかそういうやつ。

カールはcカールで長さは忘れた。

仕上がりは、結構長めのをつけたにもかかわらずナチュラル、という

絶妙な、マツエクならではのニュアンスになった。

私はとてもお気に入った。

これからしばらくマツエク生活を楽しもう!と思った。

 

そして施術から約二週間。

マツエクはところどころ抜けた部分がいくつか出てきた。

具体的にいうと、

1.右目の目尻二本ほど、

2.そこからすこしズレた位置に数本ほど抜けが目立つ箇所。

3.目がしらよりの位置。数本ほど。 

 

施術サロンにリペアの問い合わせをしたら、

リペアで8000円、といわれて、直感的に「高いな」と思った。

これまで数回マツエクを付けたことがあるが、こんなに高額だっただろうか?

 

否!!

 

…いや、否じゃないわ…覚えてないわ…。そなくらい取られてたのかも…?

だけど、直感的に高っと思ってしまったのは事実。

さてどうするかる

金銭面と、今後継続的なマツエクライフを楽しむため、

私はセルフリペアを試みることにした。

セリフマツエクをするためにいくつかのサイトを見て回ったが、

アイリストなる職業のひとたちは100パーセント、

セルフマツエクを危険と言るようだった。

だがまて。そもそもアイリストってなんだよ。

国家資格もなく適当な試験受けて受かって、

目の周りいじくりまわすようなことやってる奴らが、

なにをさも自分はすべての危険に配慮してマツエクを施術してます、

みたいなこといってんだよ。

まつげの健康と眼球への危険性を考えるなら、

そもそもマツエクなんかしないほうがいいんだよ。

それを生業としている人たちが

「セルフマツエクやめてくだちゃい!!」と叫んでも、

全く説得力がない。

本当に危険なのか?でもそもそも、店舗でやっても危険は危険よなぁ?

(最近は美容師免許持ってる人以外アイリストになれなくなったんだっけ?

いやまだ無資格でやってるやつたくさんいるだろ。)

と、いうわけで

アイリストなるいかがわしい職業に従事している人たちのアドバイスはきくひつようがない、と判断した私は

この商品に目星をつけ、購入した。

 

 

なんかたくさん書いて疲れたので続きはまたいつか。

 

 

 

冬の嵐が来た日とその前後より

ここ最近の天気予報は大騒ぎだった。

私はそんなに関心がなかったのだが、

(街中に住んでいるので、どうあっても大したダメージにはならないため、ほぼほぼ天候に左右されない生活を送っている)

友人ヤマダからわたしのiPhoneに送られてきた天気図を見ると、

冬だというのに珍しく低気圧だかが二つ、くっつきあって等圧線が細かい襞を描いていた。

そして友人ヤマダはわたしにその天気図を説明しながら、『これを俺は台風と呼ぶ』と宣言した。

 

次の日の朝テレビをつけて見たら、ちょうどヤマダ氏が送って来てくれた予想時刻の屋外の映像が流れていた。

雪が下から上、斜めから上、画面が真っ白になる程縦横無尽に吹き荒ぶいていた。

冬の台風、というから、なにか未知なるものが来訪するのかとハラハラしたのだが、

冬の台風とはなんのことはない、ブリザードだったようだ。

リザードなら、理解の範疇だ。

外に出ないよう、ぬくぬくと家の中で温まっていればそのうち過ぎ去る。

 

 

 

追加

 

オリンピックはカーリング少しとフィギュア少しだけを真剣に見ました。

真鍮とライブと。つまり近況。

f:id:Towasonoaoa:20180222100014j:plain

好きな香り(ネロリ)だったのでなんとなく購入したヘアオイルとリップバーム。

お風呂上がり濡れた髪にワンプッシュ塗布すると、いい感じにしっとりとしたツヤツヤヘアーに。

なんとなく買ったものだけど、大当たり。

メーカーはfloatという、鳥取で個人でやっているショップのよう。期間限定ショップで買ったもので通販もしていないようなので、

リピートできるかどうか心配。


最近真鍮アクセサリーにハマってる。

安くて可愛い。

今月だけで、指輪5つ、ピアス2つ、ネックレス1つ購入。


f:id:Towasonoaoa:20180222100835j:plain

こんな感じ。

あとは左手中指に幅広のリング一つと、小指に華奢なリングを2つくらい重ね付けする予定。

それでとりあえず指先は完成かな。

まだまだ増やす予定だけどね。


スレッドリフトから三ヶ月目

スレッドリフト、および頤(顎の梅干し部分)へのボトックスから三ヶ月目の経過。


施術直後のバーンとしたハリは無くなったものの、多少のリフトアップ効果と美肌効果は感じられる。

ただ、なんか顔がまんまる。すごくまるい。

他人に聞いてみたら、「顔が丸く見えるのはアンチエイジングが成功している証拠では?」といわれる。加齢による頬のコケはたしかに老けて見えるから、たしかに丸顔になった、ということは、成功なのだろうか?


しかし別の角度から見ると、頤へのボトックス注射で頤筋を縮小させてしまったせいで、顎が減り、丸く見えるのでは?との推理も生まれる。

わたしは元来顎が短いタイプで、それをごまかすために笑顔を作る際に顎に下向きの力を加えて三角形の輪郭を作るようにしてた。

これをしなくなったから、丸くなったのではないだろうか、、、?まぁ、これはただの素人の妄想だけど。


話は変わるが、

大学病院の形成外科の先生に少し怖いことを聞いた。

溶ける糸による治療は比較的安全と言われているが、5%くらいの確率で

糸が溶ける際に炎症を起こし顔が悲惨なことになる場合があるらしい。

それで大学病院に駆け込んでくるケースがいくつかあるらしい。

成功の95%に入るか、失敗の5%に入るかは、完全にギャンブルだそうだ。

ちなみに糸の治療で炎症を起こした場合、できることはほぼないらしい。


また、美容外科でスレッドリフトの際に言われた私の眼瞼下垂についても聞いてみたら、

鼻で笑われた。

「全然下垂してないよ」と。

美容外科のいうことはあまり鵜呑みにしてはいけないな、と感じたエピソードだった。



とかまぁ、色々書いたけど成功の95パーセントに入ることを信じて、数年に一回の割合でスレッドリフトはしていきたいなぁ、、って思ってます、、、、。

2018年あれこれ

昨日深夜に寿司を食べたせいか?

腹が妙に張る。痛い。

2018年明けてすぐ、わたしは冷凍した米の美味しい解凍の仕方に出会い、毎日幸せな気持ちで楽チンな自炊しまくっていたのだが、(その解凍方法を知るまで、わたしは解凍米が大嫌いで食べられなかった。)

昨日、いきなり良いものを食べ過ぎたのだろうか。

自炊熱が高まってるので、フライパンを新調した。


年末に出会った彼と2度目のお食事に行った。

出会いから1度目のお食事までは特に良い印象はなかったのだが、

2度目にして、彼のパーソナルな部分の話が出てきて「あれ?この人なんか面白いぞ」という発見がいくつかあった。

人とは言わないまでも良い友人には確実になれそう。

他者のそういう面に目を向けられるようになってきたのは、わたしはあの失恋から立ち直ってきているのだ、と感じた。

良い傾向だ。



そうそう。

年末に帯状疱疹になった。

あまりの腹痛に盲腸かと思い総合病院に駆け込んでMRIまで受けての帯状疱疹という診断に拍子抜け。

その後かかりつけの皮膚科に行き、帯状疱疹の特効薬のついでにトラネキサム酸とハイチオールを大量にもらってご機嫌。

一ヶ月後のいま、痛みは消え、跡もほとんど残っていない状況。早めに治療できたのがラッキーだった。